不妊に効果がある理由

前へ
次へ

不妊に効果がある理由

いくら望んでも赤ちゃんができない、そんな不妊に悩む人が多くいます。
治療費も高く、時間がかかるのもストレスで、ますます妊娠が遠のいてしまいます。
そんな人におすすめなのが「ローヤルゼリー」です。
では、不妊にどのような効果を発揮するのでしょうか?

不妊とは、二年以上夫婦生活を営んでも妊娠できないことを言います。
原因には生殖器の機能的な問題、精神的な問題などが挙げられます。
特にストレスや冷え性、ホルモンのバランスが大切になっています。
まずはストレスです。
妊娠を望んでいてもいなくてもストレスは人間の身体に悪影響を与えます。
ストレスが溜まると自律神経が乱れ、検査で異常がなくても体調が悪くなったり、うつ病を発症する恐れがあります。
さらに、妊活中は夫婦ともに「子供を作らなきゃ!」というプレッシャーに駆られます。
追い打ちをかけるように周りからの心無い言葉もストレスになりますよね。
そんな時にローヤルゼリーを摂ると、アセチルコリンが自律神経に作用し、不安定だった精神が安定してきます。
そしてストレスの軽減が図れるのです。

そして冷え性にもローヤルゼリーは大きく役立つのです。
女性はお腹を冷やしてはなりません。
子宮があるからです。
子宮の冷えはその機能を衰えさせ妊娠を阻害します。
妊娠したとしても、血流が悪いと胎児の発育に問題が起こり流産する可能性も大いにありうるのです。ローヤルゼリーは自律神経のバランスを整えるので、血流をよくします。
血液が十分に通り子宮が十分に温められると妊娠の可能性がぐっとアップします。

また、体温が上がることによって免疫力もアップし、身体の調子をよくしてくれます。
そして、ホルモンバランスも、ストレスや生活習慣、食生活で大きく乱れます。
無理なダイエットをしたり偏食傾向にある人は生理周期が乱れ、妊娠のタイミングを見逃すことになります。
ローヤルゼリーには、女性ホルモンエストロゲンに似た成分が含まれており、ホルモンバランスを整えてくれます。
さらに、豊富な栄養素で身体に栄養を補給してくれるので妊娠をしやすい環境を作ってくれるでしょう。

ローヤルゼリーには、不妊の原因を改善することに効果があります。
しかし、普段の生活を不健康に送っていてはいくら摂取したところで妊娠は望めません。
質の良い生活を送るとともに、ローヤルゼリーを利用するのがベストな方法でしょう。

ページのトップへ戻る