うつ病の方がローヤルゼリーを愛用する理由

前へ
次へ

うつ病の方がローヤルゼリーを愛用する理由

気分が塞ぎがちになり、食欲低下や集中力・意欲喪失などの精神障害をうつ病と言います。
ストレスが多い現代に爆発的に広がっている心の病で、治療が難しい病気なのですが、そんな人たちが愛用しているのが「ローヤルゼリー」です。
ではなぜ、人気があるのでしょうか?

ミツバチが女王蜂を育てるために作りだすローヤルゼリーには、多くの栄養素が含まれています。
三大栄養素であるタンパク質、脂質、糖質の他、ビタミンやミネラル、アミノ酸も豊富です。
その中で注目すべき栄養素は、ビタミンB12と葉酸です。
うつ病の原因の一つに、神経伝達物質のセロトニンやトリプトファンの分泌不足が挙げられます。
セロトニンは幸せホルモンと呼ばれる物質で、精神の安定を図ってくれます。

トリプトファンは、規則正しい睡眠を促すメラトニンに変換されるため、不眠改善に効果があります。
しかし、これらが不足すると睡眠障害、精神的不安定になりうつ病になりやすいのです。
ローヤルゼリーを摂取することによって、セロトニンとトリプトファンを生成してくれるビタミンB12と葉酸を安全に摂ることができるのです。

この二つの栄養素は、脳の神経に働きかけイライラを鎮めてくれる働きもあるのです。
このような効果があるローヤルゼリーですが、薬とは違い穏やかに効き、副作用がなく安心して摂取できるところがうつ病の人に支持されている理由なのです。
また、気分が沈みがちなんだけれども病院に行くのにはためらわれるそんな人にも、ローヤルゼリーのサプリメントを毎日摂取してみて様子をみるのもいいかもしれません。
ただし、すでに通院をしているという人は、飲んでいる薬との相性を医師に相談してから摂取して下さい。病院の治療と共に、ローヤルゼリーによって強力なサポートが得られることでしょう。

ローヤルゼリーを摂るとともにストレスをためない生活を送ることも重要です。また、食事のバランスを考えたり軽い運動を習慣にしたりするなど、自らも生活習慣を改めることによってうつ病の改善を早めることができるのです。
また、よく混同されがちなローヤルゼリーとはちみつの違いについても参考にご覧ください。

ページのトップへ戻る